東京23区内の虫 2

東京23区内で撮影した虫たちを紹介します。虫の名前調べなどにもご利用くださいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒメハナバチの仲間 -1



ヒメハナバチの仲間 Andrenidae
(ヒメハナバチ科)

ヒメハナバチ科の仲間は体長15ミリ以下のものが多く、主に土中に巣を作り、花の蜜や花粉などを集める。
花を訪れている小型のハチ類にはコハナバチ科やムカシハナバチ科、コツチバチ科などがいるが、ヒメハナバチ科の仲間はやや大きめで、毛深い印象の個体が多い気がする。コハナバチ科との区別は、翅脈のほか、メスの複眼内側上部にある顔孔のへこみ、後脚の花粉運搬毛の有無、体毛の生え方などで行う。オスとメスは、触角の長さで分かる(オスの方が長い)。
種類によって訪れる花が限定されるものもあるが、同じ花を複数種が訪れる場合もあるため、訪れる花から種類を判断することはハバチ類ほど容易では無い。東京都本土部昆虫目録には25種の記録があるが、外見が酷似するものが多いため同定はなかなか難しい。そのため、以下に掲載するヒメハナバチのうち種名が書かれたものについても、誤同定の可能性が無いとは言い切れない。

 ヒメハナバチとコハナバチの翅脈/比較






---ここまでの画像は全て未同定となったヒメハナバチ





シロヤヨイヒメハナバチ Andrena (Euandrena) luridiloma
ヒメハナバチの仲間では最も早い時期に見られる種類に含まれる、白い体毛が目立つヒメハナバチ。メスは体長8~9.5ミリで3月上旬頃から出始め、オスは体長7.5ミリで3月中旬頃から現れる。バラ科ウメ、アブラナ科アブラナに訪花する。全身灰白毛に覆われ、特に顔の口周辺の毛や肩部の毛が目立つ。前伸腹節の三角域は顆粒状で、前部に皺がある。ヤヨイヒメハナバチ(A. hebes)に似ているが、本種は頭部に黒毛が少なく、前胸背板の前端中央部に刻みが無い。


ミツクリフシダカヒメハナバチ Andrena (Mitsukuriella) japonica
越冬世代が3月頃から、第1世代が5月頃から出る、体長9.5~12ミリほどのヒメハナバチ。腹部背板の後縁が強く反り返るのが特徴。




ワタセヒメハナバチ Andrena (Melandrena) watasei
体長10~14ミリのヒメハナバチで、メスは4月~5月頃、オスは4月下旬~6月上旬頃に現れる。よく隆起した頭楯に深く密な点刻があり、中央部に縦に隆起した無点刻域がある。



Andrena sp./オス
4月下旬にアブラナを訪花していた、体長9.5ミリ前後のヒメハナバチ。
オスの顔に黄白色の斑紋があったため、植物の種類も含めてキバナヒメハナバチ(Andrena (Chlorandrena) knuthi)だと思ったが、体長がキバナヒメハナバチよりも大きく、前伸腹節の形状も一致しない。オスの顔に黄白色の斑紋があるヒメハナバチは他にも居るが、都内に生息していて春に出現する種類を図鑑から抜粋し、体長や訪花植物が一致するものを探した結果、該当する種類は見あたらなかった。


----------------「ヒメハナバチの仲間 -2」へ続く

スポンサーサイト
  1. 2015/04/18(土) 11:15:10|
  2. 膜翅目/ミツバチ科

FC2カウンター

プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
性別:男性
誕生日:2月1日
血液型:A型
現住所:東京都

QRコード

QR

カテゴリ

科目メニュー (1)
鱗翅目(チョウの仲間) (43)
鱗翅目/シャクガ科 (91)
鱗翅目/ヤガ科 (110)
鱗翅目/ハマキガ科 (40)
鱗翅目/ツトガ科・メイガ科 (71)
鱗翅目/キバガ科 (5)
鱗翅目/スズメガ科 (19)
鱗翅目/シャチホコガ科 (11)
鱗翅目/その他 (144)
鱗翅目/蛾の幼虫たち (24)
半翅目/カメムシ科 (21)
半翅目/ツノカメムシ科 (9)
半翅目/ヘリカメムシ科 (17)
半翅目/カスミカメムシ科 (29)
半翅目/ナガカメムシ科 (30)
半翅目/その他のカメムシ (36)
半翅目/カメムシの幼虫 (1)
半翅目/アブラムシ類 (94)
半翅目/キジラミ類 (28)
半翅目/ウンカ・ハゴロモ・アワフキムシ (24)
半翅目/アメンボ (6)
半翅目/水生半翅目(アメンボ以外) (3)
半翅目/ヨコバイ類 (44)
半翅目/グンバイムシ (13)
半翅目/カイガラムシ類 (28)
半翅目/セミの仲間 (6)
鞘翅目/コガネムシ科 (35)
鞘翅目/クワガタムシ科 (4)
鞘翅目/カミキリムシ科 (28)
鞘翅目/ゾウムシの仲間 (86)
鞘翅目/テントウムシ科 (40)
鞘翅目/ハムシ科 (79)
鞘翅目/オサムシ科 (62)
鞘翅目/コメツキムシ科 (26)
鞘翅目/ハネカクシ科 (56)
鞘翅目/タマムシ科 (17)
鞘翅目/ケシキスイ科 (20)
鞘翅目/ゴミムシダマシ科 (21)
鞘翅目/その他の甲虫たち (115)
膜翅目/スズメバチ科 (14)
膜翅目/ミツバチ科 (26)
膜翅目/ハバチ科 (52)
膜翅目/ハバチ類の幼虫たち (11)
膜翅目/植物別・依存するハバチ幼虫たち (1)
膜翅目/ヒメバチ科 (98)
膜翅目/コマユバチ科 (37)
膜翅目/その他(コバチ類) (78)
膜翅目/その他のハチ類 (58)
膜翅目/アリの仲間 (42)
双翅目/アブの仲間(ヒラタアブ類) (23)
双翅目/アブの仲間(ナミハナアブ類) (55)
双翅目/ハエの仲間 ① (33)
双翅目/ハエの仲間 ② (18)
双翅目/ハエの仲間 ③ (86)
双翅目/ハエの仲間 ④ (35)
双翅目/ガガンボの仲間 (33)
双翅目/蚊・ユスリカ (40)
蜻蛉目(トンボの仲間) (25)
直翅目(バッタ・コオロギの仲間) (47)
蜉蝣目(カゲロウの仲間) (6)
脈翅目(アミメカゲロウ類・ヘビトンボ・ラクダムシ) (21)
クモの仲間/アシナガグモ科 (14)
クモの仲間/ハエトリグモ科 (34)
クモの仲間/ヒメグモ科 (24)
クモの仲間/カニグモ科 (14)
クモの仲間/コガネグモ科 (29)
クモの仲間/コモリグモ科 (17)
クモの仲間/その他のクモ (50)
その他/カマキリ類 (6)
その他/カワゲラ・ナナフシ・ゴキブリ・ハサミムシ (17)
その他/チャタテムシ類 (24)
その他/ムカデ・ヤスデ・ワラジムシ・ダニ (77)
その他/トビムシ・トビケラ・シロアリ・ゲジ (38)
その他/コウガイビル (6)
その他/陸貝の類 (28)
その他/上記以外の虫たち (24)
未分類 (2)
虫関連リンク集 (1)

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。