東京23区内の虫 2

東京23区内で撮影した虫たちを紹介します。虫の名前調べなどにもご利用くださいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キモンハバチ属の仲間



キモンハバチ属の仲間 Pachyprotasis sp.
(ハバチ科ハバチ亜科Pachyprotasis)

前胸背や頭部に特徴的な紋があるハバチの仲間。触角は長く、背面から見ると全体的に黒っぽいハバチに見えるが、体下から見るとやや緑がかった黄白色の体に見える種類が多い。国内には40種近い同属が居るが、外見が酷似する種類が多く、それぞれの種類には個体変異が出ることもあるため、外見のみで種類を判断するのは難しい。東京都本土部昆虫目録に記録があるキモンハバチ属は4種だが、記録に無い他種が都内に居る可能性は極めて高いと思われる。

 管理人が都内で撮ったキモンハバチ属(一部)

東京都本土部昆虫目録に記録があるキモンハバチ属
コウラサンキモンハバチ Pachyprotasis korasanensis -・-・-・-・- ・-・-・- ・-・他
セリシマキモンハバチ Pachyprotasis serii -・-・-・-・- ・-・-・- ・-・他
キモンハバチ Pachyprotasis volatilis -・-・-・-・里2・-・-・- ・-・-
オニタビラコキモンハバチ Pachyprotasis youngiae -・-・-・-・- ・-・-・- ・-・他



上画像はセリシマキモンハバチ(Pachyprotasis serii)と判断したもの。前胸背板の中央の黄紋はX形で大きめ。腹節の腹面に黒色部が無く、後脚脛節の黄白色部はやや褐色みがある。触角第3節は、第4節よりも長く見える。画像の個体がセリシマキモンハバチだとすれば、その幼虫はセリ科のセリの葉を食べる。


上画像は、前胸背板の前方中央の黄紋がV字形で無く、触角第3節が第4節よりも短く見えたため、長らくコシマキモンハバチ(Pachyprotasis pallidiventris)と判断していた。しかし、セリシマキモンハバチにも前胸背板の前方中央の黄紋がV字形を為さない変異があり、触角各節の長さも不明瞭な画像からでは正しく判断出来ないこと、東京都本土部昆虫目録にコシマキモンハバチの記録が無いことなどから、誤同定の可能性がある。前胸背板の中央のX形の黄紋が比較的大きいことからすると、セリシマキモンハバチの個体変異かもしれない。


上画像は、4月上旬にアブラナを訪花していた個体。外見がコキモンハバチ(Pachyprotasis erratica)に最も近いと思ったが、よく見ると前胸背板の中央に黄紋が無く、頭部の紋の形状もやや異なって見える。






上画像は、4月下旬にアヤメ科シャガを訪花していた個体。同じ場所には同種に見える個体が10匹ほど飛んでいた。触角第3節が第4節よりも短く、腹部腹面に黒色部は無い。外見はコキモンハバチ(Pachyprotasis erratica)に似ており、白い部分は黄色みよりも水色の印象が強い(フィールドで肉眼で見る個体はもっと水色に見えた)。後脚脛節はほとんど黒色で、淡色部はわずかしかない。頭部の基部近くにある淡色部はほとんど線状だが、採集場所に居た複数匹の紋が全て同様だったのでこの形状が通常の種類なのかもしれない。

参考:1>CiNii 論文/NEW SPECIES OF PACHYPROTASIS FROM JAPAN (Hymenoptera, Tenthredinidae) (Studies on Symphyta XIII) ※ コシマキモンハバチ、セリシマキモンハバチ、フキシマキモンハバチの図
参考:2>平群庵昆虫写真館 ※ リンク先はコキモンハバチ
参考:3>平群庵昆虫写真館 ※ リンク先はタカラヅカキモンハバチ
参考:4>そよ風のなかで Part2
参考:5>原色日本ハバチ・キバチ類図鑑/日本産ハバチ・キバチ類目録/ハバチ科ハバチ亜科

スポンサーサイト
  1. 2015/04/20(月) 19:20:41|
  2. 膜翅目/ハバチ科

FC2カウンター

プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
性別:男性
誕生日:2月1日
血液型:A型
現住所:東京都

QRコード

QR

カテゴリ

科目メニュー (1)
鱗翅目(チョウの仲間) (43)
鱗翅目/シャクガ科 (91)
鱗翅目/ヤガ科 (110)
鱗翅目/ハマキガ科 (40)
鱗翅目/ツトガ科・メイガ科 (71)
鱗翅目/キバガ科 (5)
鱗翅目/スズメガ科 (19)
鱗翅目/シャチホコガ科 (11)
鱗翅目/その他 (144)
鱗翅目/蛾の幼虫たち (24)
半翅目/カメムシ科 (21)
半翅目/ツノカメムシ科 (9)
半翅目/ヘリカメムシ科 (17)
半翅目/カスミカメムシ科 (29)
半翅目/ナガカメムシ科 (30)
半翅目/その他のカメムシ (36)
半翅目/カメムシの幼虫 (1)
半翅目/アブラムシ類 (94)
半翅目/キジラミ類 (28)
半翅目/ウンカ・ハゴロモ・アワフキムシ (24)
半翅目/アメンボ (6)
半翅目/水生半翅目(アメンボ以外) (3)
半翅目/ヨコバイ類 (44)
半翅目/グンバイムシ (13)
半翅目/カイガラムシ類 (28)
半翅目/セミの仲間 (6)
鞘翅目/コガネムシ科 (35)
鞘翅目/クワガタムシ科 (4)
鞘翅目/カミキリムシ科 (28)
鞘翅目/ゾウムシの仲間 (86)
鞘翅目/テントウムシ科 (40)
鞘翅目/ハムシ科 (79)
鞘翅目/オサムシ科 (62)
鞘翅目/コメツキムシ科 (26)
鞘翅目/ハネカクシ科 (56)
鞘翅目/タマムシ科 (17)
鞘翅目/ケシキスイ科 (20)
鞘翅目/ゴミムシダマシ科 (21)
鞘翅目/その他の甲虫たち (115)
膜翅目/スズメバチ科 (14)
膜翅目/ミツバチ科 (26)
膜翅目/ハバチ科 (52)
膜翅目/ハバチ類の幼虫たち (11)
膜翅目/植物別・依存するハバチ幼虫たち (1)
膜翅目/ヒメバチ科 (98)
膜翅目/コマユバチ科 (37)
膜翅目/その他(コバチ類) (78)
膜翅目/その他のハチ類 (58)
膜翅目/アリの仲間 (42)
双翅目/アブの仲間(ヒラタアブ類) (23)
双翅目/アブの仲間(ナミハナアブ類) (55)
双翅目/ハエの仲間 ① (33)
双翅目/ハエの仲間 ② (18)
双翅目/ハエの仲間 ③ (86)
双翅目/ハエの仲間 ④ (35)
双翅目/ガガンボの仲間 (33)
双翅目/蚊・ユスリカ (40)
蜻蛉目(トンボの仲間) (25)
直翅目(バッタ・コオロギの仲間) (47)
蜉蝣目(カゲロウの仲間) (6)
脈翅目(アミメカゲロウ類・ヘビトンボ・ラクダムシ) (21)
クモの仲間/アシナガグモ科 (14)
クモの仲間/ハエトリグモ科 (34)
クモの仲間/ヒメグモ科 (24)
クモの仲間/カニグモ科 (14)
クモの仲間/コガネグモ科 (29)
クモの仲間/コモリグモ科 (17)
クモの仲間/その他のクモ (50)
その他/カマキリ類 (6)
その他/カワゲラ・ナナフシ・ゴキブリ・ハサミムシ (17)
その他/チャタテムシ類 (24)
その他/ムカデ・ヤスデ・ワラジムシ・ダニ (77)
その他/トビムシ・トビケラ・シロアリ・ゲジ (38)
その他/コウガイビル (6)
その他/陸貝の類 (28)
その他/上記以外の虫たち (24)
未分類 (2)
虫関連リンク集 (1)

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。